2.4GHz帯スペクトル拡散無線LANの性能評価

浅見 重幸  田子 晃  小林 保  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J79-B1   No.8   pp.519-527
発行日: 1996/08/25
Online ISSN: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
無線LAN,  マッチドフィルタ,  スペクトル拡散通信,  多重アクセス制御,  

本文: PDF(529.9KB)
>>論文を購入


あらまし: 
有線LANはケーブルを使用するため,機器の設置,再配置にコストがかかる.また,工場や構内の情報化に伴い,移動体との情報通信を含めたシステム化への要求が増加し,無線LAN利用への要望が高まっている.今回我々は,2.4GHz帯直接スペクトル拡散変調方式(DS-SS)を用いた伝送速度2Mbpsの無線LANシステムを開発した.本装置は,IEEE802.3(イーサネット)インタフェースを備え,ユーザが使用している既存ネットワークOSを変更することなしに,無線化できる特長を備えている.本論文では,SSモデムのビットエラー率(BER)の測定結果,多重アクセス制御(MAC)の計算機シミュレーション結果,バッファサイズの検討,および室内伝搬特性としてフレームエラー率の測定結果を示す.更に,LANシステムとして実効データ伝送速度測定結果を報告する.