ゲーム理論によるパケット網ルーチング方式

山岡 克式  酒井 善則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J79-B1   No.3   pp.73-79
発行日: 1996/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
パケット網,  ルーチング,  ゲーム理論,  廃棄率,  超分散制御,  優先制御,  

本文: PDF(481.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
公衆網,コンピュータネットワーク,ともにネットワーク規模が大きく,かつ同時にさまざまな新しい制御,サービスが提供されるようになるにつれて,制御量やその扱うデータ量は膨大なものになり,限られたネットワーク資源をより効率良く,有効に利用していく必要がある.本論文では,通信個々の品質の向上を目標とせず,ネットワーク全体の均質化を行い,かつネットワークの各要素はお互いに必要最小限しか協調せず基本的には独立して動作する,ゲーム理論に基づいた分散制御方法について提案する.シミュレーションにより,タイムアウトによるパケットの廃棄率の低減効果を確認した.