濃淡画像の可逆的な変換符号化

小松 邦紀  瀬崎 薫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J79-A   No.4   pp.981-990
発行日: 1996/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 画像理論,音声理論
キーワード: 
画像符号化,  可逆符号化,  変換符号化,  オーバラップ変換符号化,  段階的画像表示,  

本文: PDF(641.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
濃淡静止画像の可逆符号化として可逆的予測符号化と可逆的サブバンド符号化が既に存在するが,変換符号化に対して可逆方式はほとんど提案されていない.そこで,本論文では,いくつかの可逆的な変換符号化を提案する.従来の変換符号化をそのまま用いた場合,可逆的にするためには変換係数のレベル数を非常に大きくする必要があるので,変換係数のエントロピーが大きくなる.そこで,変換係数のレベル数があまり大きくなることなく可逆的になる変換符号化を提案する.非可逆的な変換符号化であるアダマール変換,ハール変換,離散コサイン変換に対応する可逆符号化,および,n次の差分を用いる方式を提案する。これらの方式では,変換係数のレベル数が入力信号よりも大きくなる可能性がある。そこで,n次の差分を用いる方式に対して,変換係数のレベル数が入力信号のレベル数と同じになる方式も提案する.また,以前に提案した可逆的なサブバンド符号化がオーバラップ変換符号化として表現されることを示す.これらの提案方式についての実際の画像を用いた圧縮効率の評価では,予測符号化と同程度の圧縮効率が得られること,雑音画像に対してレベル数不変の方式が有効なこと,オーバラップ変換符号化が最も優れていることが示される.また,段階的画像表示のシミュレーション結果も示される.