正面顔認識におけるKLTおよびDCTの認識率の比較実験

相原 恒博  竹田 伸幸  小椋 圭介  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J78-D2   No.5   pp.870-873
発行日: 1995/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
KLT,  DCT,  パターン認識,  正面顔認識,  

本文: PDF(215.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
正面顔画像認識のための特徴量として,離散コサイン変換(DCT)と,カルーネン・レーベ変換(KLT)を用いた認識システムを実験的に比較検討し,次の結果を得た.(1)原画像(照合領域128×128)に対しては,KLTを用いた場合の最高認識率はDCTのそれよりも2.7%高い.(2)モザイクブロック数64×64の画像に対しては,DCTはKLTよりもやや高い認識率を達成した.