プログラミング演習支援のための階層分散処理システムの設計と評価

藤原 祥隆  松西 年春  岡田 信一郎  大鎌 広  後藤 寛幸  黒丸 鉄男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J78-D2   No.11   pp.1701-1709
発行日: 1995/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 教育工学
キーワード: 
プログラミング演習,  CAI,  ITS,  黒板モデル,  分散処理,  

本文: PDF(733.9KB)
>>論文を購入


あらまし: 
プログラミング演習授業の質的向上を目的として,(1)構造的なアルゴリズム記述を中心とする演習体系,(2)教官および運用知識を活用した支援サービス,(3)異なる進捗の学生の混在を考慮した支援環境,を特徴とする演習支援システムの枠組を提案する.次に学生番号と課題番号の2項組を演習支援動作の単位と考えるとき,その状態と支援サービスとの関係が黒板モデルにより解釈できることを示す.またサービスの応答性とプロセッサ,メモリなどの資源の有効利用の両面を考慮した上記モデルの合理的実現方法として,階層多重化された黒板による構成方法を提案する.更に当該概念に基づき作成したプロトタイプシステムを使用したベンチマークテストにより,支援サービスの応答時間とワークステーションの実装メモリ容量の関係,非階層構成に対する当該階層構成の優位性,を定量的に明らかにする.また上記性能評価の一環として,システムの応答時間とユーザの心理的満足度の関係に着目した実験を行い,ユーザの満足・不満足を分けるしきい値を求める.