δ形ポテンシャルを含むポテンシャル中の電子波伝搬についての一検討

真田 博文  任 捷  永井 信夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J78-C2   No.2   pp.65-74
発行日: 1995/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1907
論文種別: 論文
専門分野: 半導体材料・デバイス
キーワード: 
回路理論,  δ形ポテンシャル,  共鳴トンネル現象,  電子波フィルタ,  

本文: PDF(574.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
最近の半導体微細構造作製技術の進歩によって,電子の波動としての性質を利用できるようなポテンシャル構造を作製できるようになってきている.これらの構造で生じる波動現象は,量子効果を利用したデバイスの動作原理となるために重要である.そのためさまざまな形状のポテンシャル構造中での電子波の振舞いについて,多くの研究がなされている.本論文では,δ形ポテンシャルを含む1次元ポテンシャル中の電子波の振舞いについて分布定数回路との類似性を利用して解析を行うと共に,それを利用した透過特性の合成について考察した.単一バリヤ構造,2重バリヤ構造にδ形ポテンシャルを含んだ構造で共鳴準位の合成を行って,従来の2重バリヤ,4重バリヤ構造から得られる共鳴特性と比較した.更に,均一なポテンシャル中に規則的にδ形ポテンシャルを配置した構造による電子波フィルタの合成について検討した.その結果,従来の1/4波長の長さの層を多層に組み合せる手法と比較して,単純な合成手順で同様の透過特性を合成できることを示した.