球面波入射に適用できるコーナ回折公式の数値的考察と改良

比嘉 良史  内川 潔  稲垣 直樹  菊間 信良  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J78-C1   No.6   pp.255-264
発行日: 1995/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: 電磁界理論
キーワード: 
GTD,  規範問題,  コーナ回折,  BP公式,  Z公式,  MZ公式,  

本文: PDF(627.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
コーナにおける回折現象はまだ解決していない規範問題であるが,現在までにGTD(幾何光学的回折理論)に組み込むための実用的な近似公式がいくつか提案されている.その中で,球面波入射に適用できるコーナ回折公式には,Burnside-Pathakの公式(BP公式)と張の公式(Z公式)がある.本論文はBP公式とZ公式を4分の1無限導体板と微小ダイポールから構成される仮想モデルで数値的な比較を行った.その結果,BP公式とZ公式は影境界に近くなければ良く似たものとなる.BP公式は,コーナ回折にもかかわらず,その計算過程にエッジのパラメータを必要とするが,Z公式はコーナに関するパラメータのみで簡便に計算できる,という利点がある.しかし,これは影境界を横切るときに小さな不連続が生じる.そこで,Z公式における不連続を経験的な修正関数を導入することにより,一様に連続的な回折界を与える新しいコーナ回折公式(MZ公式)を提案した.