光交換ネットワークにおけるマルチキャストルーチング方式の提案とその評価

原井 洋明  村田 正幸  宮原 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B1   No.9   pp.399-408
発行日: 1995/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 交換,通信処理
キーワード: 
光交換,  Linear Lightwave Network(LLN),  マルチキャストルーチング,  木構造,  

本文: PDF(680.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
次世代高速広帯域ネットワークの実現への期待が光交換に向けられており,その一実現方式としてLinear Lightwave Network(LLN)が提案されている.本論文では,LLNを用いたマルチキャストルーチング方式として,ネットワーク内にループのない木を生成することによって目的地以外への信号の伝達による帯域の浪費を抑え,呼発生時に木構造を動的に変化させる方式を提案し,その性能をシミュレーションによって評価している.その結果,提案方式では未使用のリンクの効率的な利用,および端末間の公平な呼接続制御が実現でき,またLLN固有の原因によって発生する呼損が少なく,従来提案された方式と比較して高い性能が得られることを示している.