ATM LANにおけるリンク情報を用いた動的帯域予約方式の性能評価

若宮 直紀  村田 正幸  宮原 秀夫  池田 千夏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B1   No.9   pp.381-388
発行日: 1995/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
ATM LAN,  輻輳対応型制御,  高速帯域予約方式,  バックオフ,  シミュレーション,  

本文: PDF(578.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年のコンピュータの高速化に伴い,高速広帯域通信を実現するLAN(Local Area Network)が必要となっている.そのため,ATM(Asynchronous Transfer Mode)技術に基づいたATM LANが注目されている.本論文では,ATM LANにおけるトラヒック制御として帯域予約型制御について検討し,シミュレーションによりその評価を行う.輻輳(ふくそう)制御方式として,帯域予約の成功/失敗時に返送されるACK/NACKを用いたACK/NACK方式,負荷に応じた制御が行えるように改良した動的ACK/NACK方式,スイッチからのリンク情報に基づき制御を行う方式を対象として評価を行った.その結果,スイッチ1段網においては低負荷時には動的ACK/NACK方式の性能が良く,高負荷時にはリンク情報に基づいた制御を行う方式の性能が最も高いことが示された.一方,スイッチ3段網においてはリンク情報に基づいた制御を行う方式が最も高い性能が得られることが明らかになった.