バックプレッシャ機能を有するATM LANスイッチの性能評価―最大スループット解析―

大崎 博之  若宮 直紀  村田 正幸  宮原 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B1   No.4   pp.179-188
発行日: 1995/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 交換,通信処理
キーワード: 
ATM LAN,  入出力バッファ型スイッチ,  バックプレッシャ機能,  バーストトラヒック,  

本文: PDF(610.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
次世代高速LANとして近年注目を浴びているATM LANにおけるトラヒック制御方式として,網がふくそうに陥ってから制御を施すふくそう適応型制御方式が有効であると考えられる.本論文では,その実現方式の一つとして,入出力双方にバッファを有するATMスイッチにバックプレッシャ機能を付加する方式を対象とした性能評価を行う.本論文では,バックプレッシャ機能を有するATMスイッチにバースト性を有するトラヒックを収容したときの最大スループットを,数学的解析手法を用いて明らかにする.また,トラヒックが不均一な場合,音声や画像のような帯域をピークレートで占有するようなトラヒックが混在した場合についても解析を行う.更に,数値例によって,出力バッファサイズや到着トラヒックのバースト性がシステム性能に与える影響を明らかにする.