偏光楕円率角アナログ変調を用いたコヒーレント宇宙光通信方式

久利 敏明  塚本 勝俊  森永 規彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B1   No.11   pp.700-707
発行日: 1995/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 光通信方式
キーワード: 
コヒーレント宇宙光通信,  偏光楕円率角アナログ変復調,  位相雑音,  偏光軸不整合,  広帯域検波利得,  

本文: PDF(549.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
周波数的に多重化された無線信号で光搬送波をコヒーレント変調し,光伝送するアナログコヒーレント光通信方式は将来の宇宙通信において重要な方式として浮上してくる可能性がある.本論文では,これまでほとんど検討されていなかった宇宙通信用アナログコヒーレント光通信方式について基本的検討を行うと共に,宇宙通信に適した新しいタイプのアナログ光通信方式を提案し,その原理,特性を明らかにしている.このアナログ方式においては,偏光楕円率角を変調パラメータとして選び,高出力レーザ光の位相雑音および偏光軸不整合ともに原理的に不感応とし,また偏光楕円率角復調過程で広帯域FM波を得て高い検波利得が得られるように工夫されている.