巡回型狭帯域フィルタによる微分フィルタの最適設計

立花 康夫  真庭 久和  亀田 洋志  近藤 倫正  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J78-A   No.5   pp.554-561
発行日: 1995/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
狭帯域フィルタ,  微分フィルタ,  線形位相フィルタ,  最適設計,  同定,  

本文: PDF(480.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
この論文は中心周波数によらず位相特性が近似的に一定の線形位相特性をもつFIRフィルタで実行形式が安定な巡回型フィルタの和となる狭帯域フィルタの提案とそれを用いた微分フィルタの最適設計について論ずる.より鋭い狭帯域特性を得るためには高次のFIRフィルタが必要であるが,本論文で提案する狭帯域フィルタは巡回型フィルタの和とできることにより次数に依存しない演算回数で実行が可能となる.中心周波数を分布させた複数の狭帯域フィルタの線形結合で得られるフィルタに1次の和分または差分フィルタを直列に結合すると位相が近似的に一定の線形位相特性をもつ任意の振幅特性のフィルタが構成できることを示す.特に帯域微分フィルタ群の最適設計法を与え,線形系の伝達関数の推定への適用例について示す.