スティックモデルを用いた手振りの認識

クンラポン ユーニパン  木下 宏揚  酒井 善則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J77-D2   No.1   pp.51-60
発行日: 1994/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 
領域分割,  マルコフ確率場,  知識,  手振り,  

本文: PDF(706.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,手振りを行う人物の上半身画像を対象にして,輝度情報と動き情報のほか,対象物に関する知識も積極的に利用した領域分割結果に基づくスティックモデルの生成法を提案する.本方式では,対象画像中の人物領域を切り出せると仮定し,人体を頭部,胴体,左上腕,右上腕,左下腕,右下腕の六つの部位に分割し,剛体の連結体で近似する.部位の抽出(領域割当)問題はMRFによってモデル化され,各部位および部位間の属性に関する知識に基づく最適化問題となる.更に,計算量およびocclusionを考慮するスティックの生成法を提案する.