Sampled Active Contour Modelによる輪郭抽出法

橋本 昌寛  木下 宏揚  酒井 善則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J77-D2   No.11   pp.2171-2178
発行日: 1994/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 
輪郭抽出,  動的輪郭モデル,  圧力・引力・反力,  力の平衡,  

本文: PDF(795.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
画像の構造化の前処理として,輪郭抽出による対象物抽出が適していると考えられている.本論文では,画像の構造化を目的とした.力を利用した新しい動的輪郭モデル(Active Contour Model)による,特定対象物の輪郭抽出法を提案する.動的輪郭モデルについては多くの提案がなされているが,これらは,エネルギー最小化原理に基づいているために,計算量が大きくなるという欠点をもっている.本手法では,離散的な輪郭点から構成される輪郭モデルを定義し,この各輪郭点に輪郭モデルを収縮させる圧力,輪郭点間に働く引力,エッジ画像から与えられる反力を作用させ,これらの合力により平衡状態になるまで並列的に移動させることにより輪郭抽出を実現している.従って,各輪郭点が合力により独立に移動するためにノイズに強く,並列化が可能であり,計算が単純で計算量が小さい.本手法を実際の画像に適用した結果をもとに,有効性を示している.