改良型両方向等化と逆数補間法を適用した簡略化判定帰還型等化器の特性

神尾 享秀  三瓶 政一  笹岡 秀一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J77-B2   No.1   pp.11-18
発行日: 1994/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信
キーワード: 
等化器,  16値QAM,  周波数選択性フェージング,  時分割多元接続,  陸上移動通信,  

本文: PDF(573KB)
>>論文を購入


あらまし: 
陸上移動通信において,高速伝送を行う場合には,マルチパスフェージングによる周波数選択性フェージングのため,伝送特性が著しく劣化する.このような場合の対策として判定帰還型等化器(DFE; Decision Feedback Equalizer)が研究されている.既に,QPSK/TDMAシステムにおいて,プリアンブルおよびポストアンブルのタップ係数を内挿する簡略化DFEを提案している.本論文では,周波数利用率の大きい16QAM/TDMAシステムへの適用について検討を行った.この場合,信号間距離の減少,判定誤りによる誤り伝搬により数補間を用いて,タップ数を減少し,遅延波の存在しない場合および,遅延波の影響による軽減困難誤り特性を向上させたシステムを提案する.提案方式について,計算機シミュレーションにより検討を行った.また,演算量の従来方式との比較も行った.その結果,提案方式は,従来方式の1/10の演算量で,良好な等化特性を得られることがわかった.