円筒凹形導体境界の端部開口面から放射されるウィスパリングギャラリーモード界の近似解析

後藤 啓次  石原 豊彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J77-B2   No.10   pp.539-547
発行日: 1994/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
円筒凹形境界面,  ウィスパリングギャラリーモード,  ビーム波,  幾何光学波,  エッジ回折波,  

本文: PDF(598.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
円筒凹形導体境界の端部開口面からウィスパリングギャラリー(WG)モードが放射され,ビーム状の波動となって伝搬する場合の放射界を,近似的に解析する方法について検討した.半無限導体平面における平面波の回折問題と同様の方法を用いて導出した放射界を表す積分を,留数定理および極の存在を考慮に入れた鞍部点法を適用して評価することにより,幾何光学波とエッジ回折波の組合せによるビーム波に対する近似表示式を導出した.また,幾何光学波が端部開口面から放射される現象,およびmodal rayが端部エッジにおいて回折される現象について明らかにした.modal rayがエッジに入射する際に生ずる影境界,反射境界,およびその近傍の遷移領域においても適用可能な近似表示式を用いた数値結果とフレネル・キルヒホッフの公式より得られる数値結果を比較することにより,近似表示式の有効性を明らかにした.また,GTDによる回折係数を用いた放射界表示式は,遷移領域内において良好な結果が得られないことを数値的に明らかにした.更に,放射波に関する数値結果とmodal ray tracingを用いて描いた放射波に関する図より,WGモードがビーム波となって伝搬する現象を明らかにした.