汎用音声出力インタフェースにおける概念表現からの音声合成

山下 洋一  水谷 直樹  角所 収  溝口 理一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J76-D2   No.3   pp.415-426
発行日: 1993/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声処理
キーワード: 
音声インタフェース,  音声合成,  概念表現,  韻律生成,  

本文: PDF(899.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
計算機上に実現された種々の問題解決器から自然で高品質な音声出力を実現するために,汎用な音声出力インタフェースの枠組みを検討し,インタフェースの入力を音声に変換する概念表現からの音声合成システムSOCS(Speech Output from Case Structure representation)の基本アーキテクチャを設計した.このような枠組みでは,問題解決器から音声出力インタフェースへの情報伝達形式を適切に設定することが重要な問題となる.そこで問題解決器・音声合成・対話管理の観点から,インタフェースおよび音声合成システムの入力を記述する概念表現として,格構造に基づいた表現と文のパターンを組み合わせた表現を定義した.インタフェースへ入力された概念表現は対話管理部によって修正され,SOCSによって音声に変換される.SOCSでは,文生成が行われると同時に概念表現を利用して韻律が生成される.文生成時に生成されるポーズマーカーによってポーズや話調の立直し位置が決定され,慣用テンプレート中に記述される韻律修正関数によっても韻律パターンの生成が行われる.