文字特徴量空間の性質と特徴抽出法の性能評価法

阿曽 弘具  越後 和徳  木村 正行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J76-D2   No.11   pp.2285-2294
発行日: 1993/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 
文字認識,  パターン整合法,  方向線素特徴量,  特徴抽出,  距離尺度,  

本文: PDF(766.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,パターン整合法の認識アルゴリズムにより識別可能なこととは何か,その識別結果の正しさの保証を与えるにはどうすればよいかについて理論的な考察をし,それをもとに特徴抽出法の性能評価法を与え,実験的検討をしたものである.パターン整合法を特徴づける特徴抽出法,標準特徴量,類似性の評価尺度をもとに,各文字に関する領域半径,安全認識半径,近隣文字集合を定めた.未知入力パターンの特徴量と各文字の標準特徴量との距離を類似性の評価尺度として,その距離が領域半径以上ならばその文字ではないこと,距離が安全認識半径以下ならばその文字であると保証できること,未知入力の候補文字がわかるとその候補の近隣文字集合の中に正解があることなどを明らかにしている.更に,実際の文字パターン集合と三つの特徴抽出法に対して評価実験をし,特徴抽出法の性能評価の指標となり得ること,正確な認識の保証を部分的に与えることができること,パターン整合法の誤認識を半分以上解消できることなどを示す.