ATM網に対する無線可変容量伝送方式適用の検討

大内 幹博  李 嬉珍  小牧 省三  森永 規彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J76-B2   No.8   pp.661-668
発行日: 1993/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信
キーワード: 
ATM,  セル廃棄,  可変容量,  バーチャルパス,  フェージング,  

本文: PDF(550KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,変調多値数を制御する可変容量無線伝送路をATM網に適用した場合のセル廃棄率改善効果を明らかにしたものである.本方式は,多値数を制御することより,総合の伝送容量を増加できるため,ATM網で発生するトラヒック変動の吸収効果が高く,セル廃棄率を低減可能である.本方式に対する定量的な解析を行った結果,固定容量伝送方式を用いた場合に比べ,数百倍~数千倍,これまでに提案されているバーチャルパス容量制御に比べ,数倍~数千倍の改善効果を有していることが明らかになった.