異なる要求品質をもつトラヒックの混在するパケット交換ネットワークの回線容量割当法

菅野 正嗣  村田 正幸  宮原 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J76-B1   No.8   pp.581-589
発行日: 1993/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
マルチメディアネットワーク,  回路容量割当て,  遅延分布,  パケット棄却率,  

本文: PDF(560.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
マルチメディアネットワークは音声・画像・データ等の,要求品質の異なるさまざまなトラヒックを扱う必要がある.特に,近年のネットワークの大容量化に伴い,それらの要求品質として平均遅延はさほど問題にはならず,End-to-Endの遅延分布やパケット棄却率が重要な性能尺度となっている.従って,従来の平均遅延に基づいた設計手法をこれらのネットワークに適用することはできない.そこで,本論文では,End-to-Endの遅延分布とパケット棄却率を設計の際の制約条件として,異なる要求品質を考慮したパケット交換ネットワークを設計する発見的手法を提案する.本論文で提案するアルゴリズムを用いることにより,すべてのトラヒックに関して,それぞれのEnd-to-Endの遅延分布とパケット棄却率の要求品質を満たすことのできるネットワークを,従来の設計手法によるネットワークと比較して,わずかなコスト上昇のもとで設計できることを示す.