乗算器個数を削減したARMA格子形フィルタの実現法

長谷山 美紀  永井 信夫  三木 信弘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J76-A   No.12   pp.1714-1724
発行日: 1993/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
ARMA,  格子形フィルタ,  係数感度,  合成フィルタ,  

本文: PDF(650.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
入力信号が未知のモデルについて,周波数重みを付けたモデル同定を可能とするARMA 4線格子形フィルタが既に提案され,その応用が重要であることが述べられているが,乗算器個数が多いことが欠点とされていた.そこで本論文では,このような同定法が可能な乗算器個数の少ないARMA格子形フィルタの実現法を提案する.乗算器個数の削減は,直接計算量の削減につながり,特に適応処理を行う場合には重要である.本論文では,2種類のフィルタの実現法を提案している.提案されている2種類のARMA格子形フィルタは,実現に用いられる予測誤差の違いにより異なった性質をもつ.本論文では,提案する二つのフィルタおよび乗算器個数の多い従来のフィルタについて,各々を用いる場合にどのような点が異なるかを示す.最後に,本論文で提案するフィルタおよび従来のフィルタは,得られたラティス構造を保ったまま,信号合成フィルタとして用いることができることから,そのような応用を行った場合の係数感度についての考察を実験により行う.実験より,乗算器個数の削減による感度特性の劣化が生じていないことを確認する.