視覚言語処理システムにおける手の認識法

クンラポン ユーニパン  木下 宏揚  酒井 善則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D2   No.9   pp.1489-1497
発行日: 1992/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 
ヒューマンインタフェース,  手振り,  照明条件,  肌色,  

本文: PDF(580.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,ユーザが自分の手振りにより,通信機器に「命令」を伝えるヒューマンインタフェース,すなわち視覚言語によるヒューマンインタフェースについて基礎検討を行う.入力画像はユーザの上半身画像とし,その入力画像および前もってシステムに与えた肌色情報をもとに手などを認識する.しかし,肌色情報を利用して手を認識する場合,照明条件が変化すると肌色も変わってしまうため,検出誤差を生じる.本論文で提案した方法では,一定の照明条件における背景色のRGB成分と肌色のRGB成分との関係を求め,それらの関係を色情報としてシステムに登録しておく.次に入力画像の中の背景部分である画素の色情報と登録されたデータをもとに肌色情報を推測し,種々の照明条件下で肌色領域を抽出する.抽出された肌色領域とエッジ画像の有する情報も有効に利用することによって,手の形状情報を正確に求めることができる.