オフィスシステムのための統合化データベース

小沢 英昭  安西 祐一郎  相磯 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D2   No.5   pp.927-935
発行日: 1992/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 計算機応用
キーワード: 
オフィスシステム,  ハイパテキスト,  リレーショナルデータベース,  ユーザインタフェース,  

本文: PDF(627.2KB)
>>論文を購入


あらまし: 
現在オフィスでは,文書の作成に計算機を利用することが一般化している.文書の作成には,単に文章を書くという機能だけでなく辞書や住所録,文献といったさまざまな情報を統一的に利用することが必要である.しかし住所録などのデータは構造化しやすいのに対し,文書は構造化しにくいデータであり,両者を単一のデータベースとして扱うのは難しい.そこで本論文では,文書の情報や住所録や文献データなどの情報を統合して有効に利用するために,(1)オイラー図を利用して視覚的にデータベースの検索をするユーザインタフェースと,(2)ハイパテキストのリレーショナルデータベースを仮想的に単一のハイパテキストとみなすブリッジモデルの二つの提案を行った.この二つの提案により,我々のシステムでは,構造化された情報も構造化しにくい情報も,ユーザから見て統一的なインタフェースのもとに利用可能となった.更に本論文ではこのモデルに基づいて,オフィス内の情報を効果的に扱うオフィスシステムのプロトタイプについても述べ,提案したモデルならびにシステムの検討を行った.