Gn級多辺形パッチ曲面の生成手法

栗山 繁  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D2   No.2   pp.379-385
発行日: 1992/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 計算機応用
キーワード: 
計算機支援幾何設計,  多辺形パッチ,  掃引曲面,  曲線網,  幾何学的連続性,  

本文: PDF(478.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
計算機支援幾何設計において複雑な形状を表現するのに,2次曲面やテンソル曲面に代わって多辺形パッチ曲面が用いられるようになってきた.本論文では,任意の次数,区間数,および幾何学的連続性を有する曲線網から,それと同次の連続性を有する多辺形パッチ曲面を生成する手法について述べる.本手法ではまず,N辺形のパッチを一般化されたN次元の重心座標系で定義し,N辺形の各辺に対して局所的な直交変数空間を与えて,N辺形を囲む曲線を掃引してN個の曲面群を求める.次に,各辺上において曲面の幾何的な値を補間する関数を構成し,求めたN個の曲面群を融合させることによってN辺形パッチ曲面を生成する.このとき生成される曲面の各パッチ間の境界における幾何学的な連続性は,その境界上の曲線と交差する曲線の連続性によって決定される.