音節認識を用いたゆう度補正による未知発話のリジェクション

渡辺 隆夫  塚田 聡  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D2   No.12   pp.2002-2009
発行日: 1992/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声処理
キーワード: 
音声認識,  リジェクション,  音節認識,  未知発話処理,  半音節,  

本文: PDF(584.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
未知発話をリジェクトする方法として,音節認識を利用して認識ゆう度を補正したゆう度を用いる方法を提案,評価を行った.本方法は,タスク認識と音節認識を並列に実行し,得られた二つのゆう度の差をとり補正ゆう度を求め,これに対してしきい値によるリジェクト判定を適用する.本方法では,話者や雑音条件の違いによらずに設定したしきい値によるリジェクト判定が可能である.不特定話者認識による評価実験の結果,離散250単語認識および単語数500・単語パープレクシティ5.5のチケット予約タスク連続音声認識において,リジェクト正判定率(正解率と正リジェクト率の平均)を,それぞれ,66.3%から91.2%へ,76.0%から91.6%へ改善できた.音節認識を簡易化した簡易補正法もリジェクト性能の改善に有効であった.また,本方法により話者の違いによるゆう度の変動を除去できることを実験により確認した.更に,本方法により雑音条件の違いによるゆう度の変動を除去でき,雑音下音声においてもリジェクト性能を改善できることを実験により確認した.