密結合マルチプロセッサシステムにおける共通メモリおよび共通バスでのアクセス競合に関する近似解析

星合 隆成  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D1   No.8   pp.664-674
発行日: 1992/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (並列/分散処理論文特集)
専門分野: 解析モデル/評価
キーワード: 
トラヒック理論,  待ち行列理論,  マルチプロセッサシステム,  コンピュータシステム,  

本文: PDF(681.7KB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,共通メモリへのアクセス率が異なる二つのプロセッサ群と複数の共通メモリ(メモリバンク)が,複数の共通バスで結合されたマルチプロセッサシステムの共通バスおよび共通メモリでのアクセス競合に関する近似解析手法を提案する.本論文で提案する近似解析手法の特徴は以下の点にある.相互に影響を及ぼす共通バスと共通メモリでのアクセス競合をそれぞれ独立の待ち行列モデルでモデル化し,それぞれの待ち行列モデルに相互作用を与えるように共通バスの平均保留時間と共通メモリでの平均待合せ時間を相互に補正する.また,共通メモリでの平均待合せ時間の導出方法として,()ポラチェックヒンチン,()2呼種有限呼源モデル,の2通りの近似手法を提案し,()の方が良い精度を与えることを示すと共に,密結合マルチプロセッサシステムの興味ある性能評価尺度としてマルチプロセッサ係数を定義する.最終的に,シミュレーション結果と比較することにより,この近似解析手法が有効であることを示す.