アダプティブアレーアンテナの通信への応用

水野 光彦  大鐘 武雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J75-B2   No.11   pp.733-741
発行日: 1992/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 招待論文 (空間領域における適応信号処理とその応用技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
アダプティブアンテナ,  陸上移動通信,  電波伝搬,  ゾーン構成,  

本文: PDF(671.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
移動通信は需要の増大とディジタル化,パーソナル化等新しい技術・サービスが進展してきている.このような背景のもとでアダプティブアンテナの特徴を移動通信にどのように活用できるかを考察する.移動通信の分野ではアダプティブアンテナは従来移動局受信時のフェージング軽減を目的に研究されてきた.今後,利用の拡大が期待されるマイクロセルや屋内通信の場合,基地局側にもさまざまな方向から多重波の到来が予想され,アダプティブアンテナの基地局での効果も期待できる.無線LANのような高速データ伝送の場合も,よりフェージングや干渉の軽減が要求されよう.また,異業務間の周波数共用もアダプティブアンテナの活躍が期待される分野である.移動通信へ時間,空間,周波数それぞれの領域でシステムの動的制御の導入が期待されている.アダプティブアンテナは空間の制御に効果的である.通話者の分布に応じて,ゾーンの形状を変化させるダイナミックゾーン構成も新たな適用分野であろう.