有限バッファノードをもつ高速リング型ネットワークの性能比較

不破 泰  田坂 修二  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J75-B1   No.9   pp.575-586
発行日: 1992/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 信号方式,通信プロトコル
キーワード: 
コンピュータネットワーク,  性能解析,  トークンリング,  スロットリング,  レジスタ挿入リング,  

本文: PDF(787.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,高速リング型ネットワークにおけるMACプロトコルの性能解析を行い,各プロトコルの有効適用領域を明らかにする.筆者らは,既にスロットリング,レジスタ挿入リング,レジスタ挿入型スロットリングの解析を行っており,ここではまずトークンリングの解析を行う.各MACプロトコルの解析に際しては,解析結果を互いに比較できるように,同一条件下でモデル化を行い,このモデルを同じ手法(平衡点解析)で解析した.モデル化に際しては,各ノードが有限容量のバッファをもつものとしたため,バッファのオーバフローについての議論が可能である.解析結果はシミュレーション結果とよく一致し,解析の精度が高いことが確かめられた.また,高速ネットワークの条件下で各MACプロトコルを解析した結果を互いに比較し,さまざまな環境における最適なMACプロトコルを,バッファのオーバフローを考慮して明らかにした.