ATM網における入力トラヒック監視制御方式の評価

坂本 伸夫  大場 義洋  村田 正幸  宮原 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J75-B1   No.8   pp.499-508
発行日: 1992/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
リーキーバケット法,  入力トラヒック監視制御,  平均到着率,  バースト性,  

本文: PDF(700.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,ATM網における入力トラヒック監視制御として,リーキーバケット法を用いた制御方式についての評価を行う.ATM網では,各ユーザが呼の設定を要求する際,トラヒックソースごとにトラヒック特性を表すパラメータを申告し,網側ではそのパラメータに基づいて呼の受付け判断を行う.更に,呼受付け後には,トラヒックソースからのセル到着が申告パラメータに合致するよう,呼設定後に入力トラヒック監視制御をする必要がある.本論文では,入力トラヒック監視制御方式としてリーキーバケット法を用いて入力トラヒックの平均到着率とバースト性を監視した場合の定量的な評価を行い,更に,入力監視制御をATM網に導入した場合に生じる問題点について考察する.