パケットビデオ伝送のための優先パケット保護方式

酒井 善則  山本 悟  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J75-B1   No.3   pp.173-179
発行日: 1992/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信方式,通信伝送機器
キーワード: 
パケットビデオ伝送,  映像伝送,  高速パケット網,  B-ISDN,  

本文: PDF(372.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
冗長度圧縮符号化されたビデオ信号をパケット化して伝送する,ビデオパケット伝送方式に適した優先パケット保護方式を提案してその有効性を確認した.一般にビデオパケット伝送方式では,重要部分は優先パケットとして送られる.本方式では発着信ノード間にメインパスと共にコピーパスをもち,優先パケットは発信ノードでコピーパケットが作られ,コピーパケットは非優先クラスとしてコピーパスを通して送られる.このためパケット情報がバースト的に増大してメインパスがふくそうした場合でも,コピーパケットが着信側に正しく到着する.また,コピーパケットの優先度が低いため,他のパスのデータに及ぼす影響は小さい.解析およびシミュレーションの結果,本方式によりバースト的にデータが増加した場合の転送遅延およびパケット廃棄率が小さくなることが明らかになった.