偏光変調/光コヒーレント検波方式とその位相雑音除去効果

桑野 茂  塚本 勝俊  森永 規彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J75-B1   No.2   pp.107-118
発行日: 1992/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 光通信方式
キーワード: 
偏光変調方式,  コヒーレント光通信方式,  位相雑音,  位相雑音除去,  

本文: PDF(781.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
光コヒーレント通信方式では,光源の有する位相雑音が,受信特性を制限する支配的な要因となるため,その影響の低減化が必要とされる.本論文では,原理的に位相雑音除去効果を有する偏光変調/光コヒーレント検波方式を提案し,本方式に関する理論的および実験的基礎検討を行っている.まず,偏光変調信号が二つの直交偏光成分間の差動位相変調光信号であることを示し,その光コヒーレント検波方式の基本原理を示している.次に,変調器の特性を考慮して偏光変調光信号の一般的な表現式を導出し,本方式の原理的特長を明らかにしている.更に,長距離伝送用の偏光変調/光ヘテロダイン検波方式に関して,検波および復調方法を示し,位相雑音除去効果を明らかにすると共に,円偏光変調にすれば送受信機間の偏光軸整合が不要になることを明らかにしている.また,偏光変調/光ヘテロダイン検波方式の誤り率を理論的に解析し,他の光コヒーレント通信方式との比較を行うことによって,受信特性の評価を行っている.最後に,偏光変調光信号の光ヘテロダイン検波に関する基礎実験を行い,本方式の有する位相雑音除去効果を確認している.