ウィーナー核推定における最適入力パワーレベルの高速決定法

横田 康成  戸田 尚宏  臼井 支朗  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J75-A   No.8   pp.1389-1396
発行日: 1992/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 非線形問題
キーワード: 
非線形システム固定,  汎関数級数表現,  外部雑音,  ウィーナー核推定精度,  最適入力パワーレベル,  

本文: PDF(499.6KB)
>>論文を購入


あらまし: 
非線形ダイナミカルシステムの記述法の一つとして,汎関数級数展開法があり,特にウィーナー(Wiener)汎関数級数は,その核の推定が比較的容易なことから,神経系の解析等に広く用いられている.しかし,ウィーナー核推定精度の定量的評価に関しては十分な考察がなされていない.筆者らは,外部雑音が存在しない場合について,任意の変数値における核の推定精度を,分散の立場から評価する手法を提案し,ウィーナー核推定に最適な入力パワーレベルが存在することを明らかにした.しかし,実際の応用に際し外部雑音の影響や,実験時に最適な入力パワーレベルをリアルタイムに知るためには,現在の評価式は非常に複雑であり,高速に計算できる簡便な表現が必要とされる.そこで,本論文では,まず評価式を外部雑音が存在する場合へ拡張し,外部雑音のウィーナー核推定精度への影響を調べた.次に,適当な仮定を導入して評価式を簡略化することにより,N次システムのウィーナー核推定に対し,たかだかN個のパラメータのみで任意の次数のウィーナー核の推定精度を評価できることを明らかにし,最適な入力パワーレベルの高速決定法を確立した.