相互相関法による非線形システムのウィーナー核推定精度

横田 康成  戸田 尚宏  臼井 支朗  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J75-A   No.6   pp.1013-1020
発行日: 1992/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: システムと制御
キーワード: 
非線形システム同定,  汎関数級数表現,  白色雑音解析,  ウィーナー核推定精度,  最適パワーレベル,  

本文: PDF(502.2KB)
>>論文を購入


あらまし: 
非線形ダイナミカルシステムの記述法の一つとして,汎関数級数展開法があり,特にウィーナー(Wiener)汎関数級数は,正規白色雑音を入力とすることにより,比較的容易にその核を推定できることから,神経系の解析等に広く用いられている.しかし,核推定精度の定量的評価は,その困難さ故に現在のところほとんど行われていない.本論文では,核推定に適当な制約,近似を導入して問題を単純化し,核推定精度の実用的な評価法を提案する.これにより,核の推定精度は,システムのボルテラ(Volterra)核,入力のパワーレベル,データ長の関数として定式化される.数値実験によりその検証を行い,非線形システムの同定において,核推定精度を最大にする最適な入力パワーレベルが存在することを示す.これは,線形における誤差理論にはない新しい知見である.