あいまい用語検索を用いた高速枠なし手書き文字列読取り方式

仲林 清  北村 正  河岡 司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J74-D2   No.11   pp.1528-1537
発行日: 1991/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 


本文: PDF(738.3KB)
>>論文を購入


あらまし: 
文字ピッチ変動や文字の分離・接触を含む枠なし手書き用語文字列を高速に読み取る方式を提案する.本方式は,日本語用語文字列では,(1)文字形状情報のみによる文字切出し・文字識別がある程度の精度で可能であること,(2)漢字は字種が多いために用語間の距離が大きく,一部の文字からだけでも高精度に候補用語を絞り込めること,に着目したものである.具体的には,文字形状情報を用いた切出し・文字識別を行い,切出しや文字識別の誤りを含む不確実な候補文字列をキーとするあいまい用語検索によって候補用語を絞り込み,選択された候補用語の情報を利用して詳細な切出し・文字識別を行って候補用語を確定する.本方式は読取り対象用語固有の性質に依存しない汎用的な方式であり,入力文字列全体と辞書用語文字列との照合を行うため高精度な読取りが可能である.また,高速なあいまい用語検索手法の適用と,選択された少数の候補用語のみを詳細識別の対象とすることにより,処理量の低減を達成している.枠なし手書き住所文字列を対象に実験を行い,個々の文字の分類率が69.9%のサンプル123件について用語正解率82.9%を得た.また,処理量は単純な文字識別処理の2倍強に抑えられた.