セル順序を保存可能とするバイパスリンク付きバンヤン網の構成法

岡本 聡  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J74-B1   No.8   pp.588-598
発行日: 1991/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 


本文: PDF(653.5KB)
>>論文を購入


あらまし: 
多種多様なサービスを一元化して取り扱うことのできる広帯域ISDNを実現するための,キーテクノロジーとしてATMが注目され,ATMを用いた高速バースト多重伝送システムが提案されている.本論文では,高速バースト多重伝送システムのクロスコネクトMUXに使用されるクロスコネクトスイッチとして提案されているバイパスリンク付きバンヤン網に対し,セルの時間順序を保存可能とするルーチング方法を提案し,セル転送特性を明らかにする.本ルーチング方法は,分散制御で実現されており,バイパスリンク付きバンヤン網の特長である単一モジュール性,無瞬断増設性を保持したまま適用可能であることを明らかにした.特性評価では,従来よりもセル廃棄率特性の近似度を向上させる解析手法を示した.