高信頼性を有する光ファイバ網の設計手法

大和 克己  村田 正幸  西田 竹志  西尾 章治郎  宮原 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J74-B1   No.4   pp.283-294
発行日: 1991/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 


本文: PDF(793.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
光ファイバを用いた伝送網の高信頼化のため,高度な通信制御機能をもつ伝送装置が開発されているが,このような装置の特性を生かした網設計手法はまだ研究されていない.本論文では,さまざまな伝送装置を活用することにより,障害発生時にも網ユーザのサービス要求をできるだけ満たす光ファイバ網を低コストで実現するための設計手法を提案する.そのため,まず光ファイバ網の各構成要素をモデル化し,網信頼性の評価のための尺度を導入する.次に,導入した評価尺度に基づいて,信頼性の高い光ファイバ網の設計問題を整数計画問題として定式化し,障害が発生した場合にも要求される性能を充足する解が低コストで得られるようなアルゴリズムを提案する.信頼性の高い網設計に必要な経路選択法について考察し,すべての通信路に負荷が均等に加わるような経路選択を行えば,従来の最短経路選択法に比して,障害回復に要するコストを低く設計できることを数値例により明らかにする.