画像トラヒックのバースト性を考慮したATM網におけるふくそう制御

久保田 幸司  村田 正幸  尾家 祐二  宮原 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J74-B1   No.2   pp.97-106
発行日: 1991/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 


本文: PDF(599.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ATM網において,特性の異なるマルチメディアトラヒックの要求品質を満たしながら効率良く伝送するためには,呼受付制御,ポリシング制御などのトラヒック制御と共に,ふくそう制御が重要となる.本論文で対象とするふくそう制御方式では,網内交換機バッファでの待ち行列長があるしきい値を超えた場合にふくそう制御が起動され,これにより,各トラヒックの要求品質を満たそうとするものである.具体的には,バッファのふくそうに応じて,まず,音声セルを廃棄し,更にふくそうが進むとデータセルを廃棄して,遅延およびセル廃棄双方に対する制約が厳しい画像トラヒックのサービスはでき得る限り継続して行う.本論文では,上記トラヒックが交換機に到着するときの,交換機バッファにおける各トラヒックのセル廃棄率を解析的に求め,ふくそう制御の有効性を調べる.数値例によってふくそう制御を効果的に行うためには,ふくそう制御を起動するしきい値が重要なパラメータになることを示す.