虚数抵抗に基づく非対称特性の複素ディジタルフィルタ

高橋 輝  永井 信夫  三木 信弘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J74-A   No.3   pp.407-413
発行日: 1991/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 


本文: PDF(416.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
等長分布定数回路に虚数抵抗を用いると,低域通過特性のリプルを変えずに,非対称な複素の帯域通過特性に変換できる.この特性変換をIIRディジタルフィルタの設計に応用し,低域通過特性をもとにして,特性の急しゅんさを上下の遷移域で別々に与えた複素の帯域通過ディジタルフィルタを設計する.もとの特性とその変換に用いる値は,仕様から反復計算なしで決定できる.通常の低域-帯域変換では等リプル設計も容易だが,上下の遷移域の傾斜は通過域の位置に依存して定まる.低域通過特性を移動したCrystalの複素ディジタルフィルタは,通過域の位置によらず遷移域の傾きを容易に指定できるが,対称特性しか得られず,Belevitchが集中定数回路に虚数抵抗を用いて実現した周波数変換も同様である.本手法ではこのような制約を緩和し,より自由度の高い帯域通過特性を実現している.例題で特性を確認した.