3次元表面形状による人間の顔の自動識別―B-スプライン曲面の制御点を利用して―

阿部 亨  阿曽 弘具  木村 正行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J73-D2   No.9   pp.1477-1484
発行日: 1990/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 


本文: PDF(745.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,人間の顔の3次元データを用い,顔を自動的に識別する手法を新たに提案する.3次元データを対象とし物体の識別を行う場合,特徴量に何を用いるかが重要な問題となる.顔のように,表面が滑らかで複雑な形状をもつ物体が対象であると,従来提案されてきた手法では,対象のもつ特徴の一部分しか識別に利用できなかったり,あるいは逆に識別に必要な特徴量の次元数が膨大になりすぎ,処理に時間がかかるなどの問題があった.この問題を解決するため,本手法では,顔表面の3次元形状を3次のB-スプライン曲面で最小2乗近似し,その際に得られる制御点を特徴点として識別を行っている.これにより,対象の表面形状に含まれる特徴を,少数の特徴点に圧縮することができ,対象の特徴を有効かつ効率よく識別に用いることが可能となった.本手法を用い33人(1人当り5組のデータ)に対して識別実験を行ったところ,正答率98.8%という結果が得られた.