3次元データより得られる横顔輪郭線を用いた人間の顔の自動識別

阿部 亨  阿曽 弘具  木村 正行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J73-D2   No.9   pp.1468-1476
発行日: 1990/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 


本文: PDF(858.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
個人識別に人間の顔を利用する試みが古くからなされている.従来用いられてきた手法では,顔を撮影した画像などの2次元データを対象としているため,被験者とカメラとの位置関係(被験者の顔の向き,被験者-カメラ間の距離など)が正確に固定されていないと,識別が困難である等の問題があった.本論文では,顔の3次元データを対象とすることにより,被験者とカメラとの位置関係の制約を受けにくい識別手法を新たに提案する.本手法では,入力された3次元データから顔の向きを推定し,データを回転することで,被験者とカメラとの位置関係の影響を補正している.また識別においては,データから抽出される横顔の輪郭線を3次のB-スプライン曲線で最小2乗近似し,その際に得られる制御点を特徴量として用いている.本手法を用い33人(1人当り5組のデータ)に対して識別実験を行ったところ,正答率93.3%という結果が得られた.