3次元構造・運動情報に基づく動画像符号化

森川 博之  原島 博  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J73-D2   No.7   pp.982-991
発行日: 1990/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 


本文: PDF(1000.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
映像メディアは社会の質的向上に資する有力な情報メディアとして期待されており,画像符号化技術は経済的かつ高度な情報通信サービスを提供するための基盤技術として重要である.本論文は,動画像から3次元構造情報を抽出し,積極的に符号化に利用する新たなる画像符号化方式について論じたものである.画像を3次元世界の2次元投影像としてとらえ,画像の生成モデルとも言うべき3次元構造・運動情報を考慮する点が本方式の基本概念であり,従来の画像符号化方式との相違点でもある.本方式によれば,画像の生成過程を考慮した画像モデルを用いるため,新しい情報圧縮手法が期待できると同時に,受信側における画質向上にもつながる.また,画像を構造的に記述することになるため,画像認識・理解技術と組み合わせ,高度な通信システムを構築することも可能となろう.本論文では,3次元構造・運動情報を画像符号化に利用する方式について論じ,3次元動き内挿符号化,3次元動き補償予測符号化などの新しい画像符号化方式の可能性を明らかにする.また,3次元構造・運動情報抽出技術として,剛体・非剛体運動から逐次的にかつ安定に3次元構造・運動を推定する手法を示す.