OSCAR上でのFortranプログラム基本ブロックの並列処理手法

本多 弘樹  水野 聡  笠原 博徳  成田 誠之助  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J73-D1   No.9   pp.756-766
発行日: 1990/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: ソフトウェア基礎
キーワード: 


本文: PDF(924.9KB)
>>論文を購入


あらまし: 
スーパーコンピュータのマルチプロセッサ化に伴いFortranプログラムのマルチプロセッサシステム上での並列処理が注目を集めている.本論文では一つの算術代入文の処理をプロセッサへの割当て単位(タスク)としたFortranプログラムの並列処理手法を提案し,その手法の実システム上での実現と性能評価について報告する.本手法は基本ブロック中の各算術代入文をタスクとしタスク間のデータ依存による先行制約を求め,それをもとにマルチプロセッサスケジューリングアルゴリズムによってタスクの各プロセッサへの割当ておよび実行順序をコンパイル時に決定し各プロセッサのコードを生成し並列処理を行うものである.本手法を実システム上で実現し性能評価を行ったところ並列処理効果が得られ,従来のループ並列処理手法では並列処理効果が期待できないループ内の基本ブロックやプログラム中のループ以外のスカラ演算部分の基本ブロックに本手法を適用すればそれらの並列処理を可能とするものであることが確認された.