ロバストフォールトトレラント乗算器の構成

春日 健  亀山 充隆  樋口 龍雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J73-D1   No.2   pp.141-147
発行日: 1990/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (新しいフォールトトレランス技術論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(497.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
高安全性を達成するため,演算器内部に一時的故障が生じても出力値が正常値と比較して大きく異ならないようなロバストフォールトトレラント乗算器の構成法を示している.このために,ディバイダと呼ぶ固定整数によるロバストフォールトトレラント割算回路を考案すると共に,これらを複数個並列に配置した乗算器構成法を示している.本ロバストフォールトトレラント乗算器は,常に入出力情報がパルスの個数で表現された分散的符号化に基づいているため,多重化冗長システムと異なり,一時的誤りが複数回発生してもシステムダウンとならず,また出力信号選択を行う多数決回路などのハードコアが存在しないという特徴を有している.