階層型通信プロトコルの性能評価

稲井 寛  横平 徳美  村田 正幸  宮原 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J73-B1   No.5   pp.505-515
発行日: 1990/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 信号方式,通信プロトコル
キーワード: 


本文: PDF(881.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
階層型通信プロトコルの待ち行列網モデルとその近似解析手法を提案し,それに基づいて階層型通信プロトコルの性能評価を行っている.まず,同位階層間のデータ伝送方式として,コネクション型データ伝送方式を用いた場合とコネクションレス型データ伝送方式を用いた場合における同位階層間のプロトコルをそれぞれ待ち行列網でモデル化する.同位階層間プロトコルの待ち行列網モデルでは,より下位層間のプロトコルの処理による伝送遅延は単一の待ち行列として表現しており,これらを積み重ねることによって階層型通信プロトコルの性能評価モデルを構築している.次に,構築した同位階層間プロトコルの待ち行列網モデルに対する近似解析法を示し,同位階層間のパケット伝送遅延と隣接階層間におけるスループットが満足すべき関係式に基づいて,反復法により全体のモデルを近似的に解析する手法について述べている.最後に,数値例を挙げて,本論文で構築したモデルに対する近似的解法の妥当性を示すと共に,通信プロトコルを実装する際に設計者が決定すべきパラメータであるウィンドウサイズ,タイムアウト時間および受信バッファサイズがパケット伝送遅延とどのような関係にあるか,ということを考察している.