信頼性の高い回線交換ネットワークの設計手法

大和 克己  菅野 正嗣  西田 竹志  宮原 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J73-B1   No.1   pp.17-24
発行日: 1990/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 


本文: PDF(674.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来,回線交換ネットワークの設計時において,対象となるネットワークの信頼性とシステムの性能は個別に扱われることが多かった.本論文では,設計時にネットワーク上に起こり得る障害をあらかじめ考慮し,その範囲内のどのような障害が網運動時に発生してもネットワークの性能が設計基準値より劣化しないような,信頼性とシステム性能の両面を考慮したネットワークの設計手法を提案する.特に,障害が発生した際に,各リンクにおいてう回トラヒックにより増加するトラヒック量を考慮し,そのために生じる性能劣化を防ぐために必要な回線数を確保した上で網コストを最小にする問題を考え,その近似最適解を求めるアルゴリズムを示す.更に,本手法を具体的なネットワークモデル例に適用して,数値結果をもとに本手法の有効性を明らかにする.