次数時変ARMA係数の適応的推定法

芹沢 昌宏  三木 信弘  永井 信夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J73-A   No.3   pp.397-403
発行日: 1990/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 音声
キーワード: 


本文: PDF(583KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,次数時変ARMA係数の適応的推定法を提案する.時間更新するために重み付き回帰的最小2乗法(RWLS)を用いている.また分析次数を可変にするために次数回帰式を用いている.次数回帰式は各次数において2乗誤差が最小になるように次数を変化させている.分析次数は極零情報を用いて決定している.極零情報よりホルマントとアンチホルマントの数を推定し,その数のホルマントおよびアンチホルマントを与える最小次数を最適分析次数としている.本手法を用いれば次数が変化するARMAモデルの係数推定が可能であり,擬似ホルマントやスペクトルの乱れを削減できる.最後に合成信号と実音声に本手法を適用し,本手法が有効であることを示す.