音声の音響的変動記述の一般化について

速水 悟  田中 和世  太田 耕三  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J72-D2   No.8   pp.1215-1220
発行日: 1989/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (新しい音声処理技術特集)
専門分野: 音声認識・音素特徴抽出
キーワード: 


本文: PDF(527KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文の目的は,さまざまな要因による音声の音響的特性の変動記述を,一般的な枠組みにおいて定式化することである.音声の音響的特性は音素コンテキスト,話者,発声速度などの要因により変動し,その変動が音声認識システムの性能向上の障害となってきた.これに対して筆者らは既に,VCVおよびCVCの音素コンテキストを考慮することによって認識性能が向上することを,不特定話者単語認識システムによって示した.この背景にある基本的な考え方は,「変動記述」である.本論文では表1に,音素コンテキスト以外の変動要因も考慮して変動記述をより一般的に定式化する.第2に,変動記述における情報圧縮を定式化し,その有効性を単語認識実験によって示す.最後に,この変動記述を拡張して実際の認識システムを構築する際における知識の問題について述べ,変動記述の拡張の可能性について考察する.