筆軸の3次元運動に制御された筆触関数を用いた毛筆漢字パターンの生成

塩野 充  吉村 治  真田 英彦   慶一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J72-D2   No.1   pp.76-84
発行日: 1989/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 


本文: PDF(731.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
毛筆による人間の書字動作は,毛筆の筆軸を剛体とみなした3次元運動として考えることができる.本論文では人間の手に握られた筆軸の3次元運動と,その結果,紙面に描かれる2次元の毛筆文字パターンとの関係を考察し,筆軸の3次元運動軌跡のデータから毛筆文字パターンを形成する方法を考案した.毛筆の書字においては,筆軸の先端の植毛部分が紙面に接触した部分の軌跡が文字パターンを形成しているのであるが,本論文では植毛部分と紙面との接触図形(筆触)を筆触関数という滴型の平面曲線の関数で近似表現することにより,筆軸の3次元運動とその結果,紙の上に形成される2次元文字パターンの関係を,簡単に表現することが可能となった.更に筆と紙面との摩擦による筆触の変形を完全弾性体の等分布荷重の式を用いるたわみ法によって近似表現することで,より実際的な筆触表現を可能にした.擬似データを用いたシミュレーション実験の結果では一応評価し得る毛筆体パターンを得ることができた.本手法を用いれば,専門家の書字動作における筆軸の3次元運動軌跡データを専用の装置で取り込むことができれば,そのデータをもとにしてあたかもその専門家が実際に書いたような毛筆体パターンを自由に生成し得る可能性がある.