相補型パスゲートに基づく4値順序回路の構成

宋 奎翼  亀山 充隆  樋口 龍雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J72-D1   No.12   pp.837-844
発行日: 1989/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: 計算機構成要素
キーワード: 


本文: PDF(862.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
多値集積回路は,微細化に伴うVLSI-ULSIの内部配線の複雑さに起因する性能限界の解決や高密度化に有用であることが知られている.しかしながら,フリップフロップやカウンタなどの基本的多値順序回路の利点は従来必ずしも明確になっていなかった.本論文では,相補型パスゲートのみを基本ブロックとした4値フリップフロップ回路を提案し,レイアウト設計容易性,高密度性,低消費電力性および高速性など他にはない特長があることを具体的に明らかにする.これにより,従来の2値順序回路を直接的に多値に置き換えることでも,十分利点が見出されることが実証されている.