フレネル変換映像法におけるNMR映像のホログラフィ的再構成

山田 芳文  伊藤 聡志  田中 邦雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J72-C1   No.12   pp.855-861
発行日: 1989/12/25
Online ISSN: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: 光エレクトロニクス
キーワード: 


本文: PDF(1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
NMRフレネル変換法の信号記述式は光などのフレネル回折の式と類似しているので,その信号をホログラムとして記録し,コヒーレント光で映像再生を行う方法が可能となる.本論文では,NMRフレネル変換映像法の信号からホログラムを作成し,レーザ光で映像再生を行う方法について実験的な検討を行い,併せてNMRフーリエ変換法の信号によるホログラムから光学再生する場合との比較検討を行った.その結果NMRフレネル変換法では,信号のダイナミックレンジが小さく,ホログラムの広い範囲にしま模様が分布することもあってホログラムの濃淡階調数が少ない場合でも,かなり良好な映像が再生されることが明らかとなった.それに対し,NMRフーリエ変換法では信号のダイナミックレンジが大きすぎるため,濃淡階調の量子化による情報の欠落が多く,そのままではそのホログラムから良質な映像を再生することは困難であることが示された.更にNMRフリーリエ変換法でも非線形勾配磁界パルスを併用すると,信号のダイナミックレンジを減少させることができ,その光学再生像の画質を大幅に改善できることが示された.